介護福祉士試験について

ホーム  »  介護福祉士試験について

介護福祉士とは

国家資格!
介護福祉士は、介護の資格の中で唯一の国家資格です。介護福祉士国家試験を受験して合格したら、登録を行うことで国に認められた介護職員となります。一度取得すれば、全国どこでも通用し、更新もないため一生ものの資格です。

受験資格について

受験資格

①実務経験(3年以上の実務経験)+実務者研修

②実務経験(3年以上の実務経験)+介護職員基礎研修+喀痰吸引等研修の修了

実務経験3年以上とは「従業期間3年(1095日以上かつ従事日数540日以上」
受験資格となる実務経験は、従業期間・従事日数要件の、両方とも満たす必要があります。なお、従業期間・従事日数は試験実施年度の3月31日まで通算することができます。

  実務者研修(EPA介護福祉士候補者以外)   実務経験の範囲

国家試験の時期

筆記試験
     1月下旬
実技試験
     3月上旬

実務者研修修了者は実技試験が免除となります。
また、介護職員基礎研修・喀痰吸引等研修修了者も実技試験が免除となります。

創世介護学院で実務者研修をWeb学習コースで修了した方には
特典として過去7回分の介護福祉士国家試験の過去問題集がついてきます。

 介護の仕事(就職等)・実務者研修についての
  お問い合わせはお気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ